学校が抱えるクレーム

学校で生まれるトラブル

学校とモンスターペアレント

モンスターペアレントという言葉が国内でも普通に使われるようになってから、長い時間が経ちました。実際に荒唐無稽なクレームを学校に対して押し付ける迷惑な保護者がいるのは事実です。教職員に対して、もはや強要や恐喝、パワーハラスメント的な対応を進める保護者がいており、近年では深刻な社会問題となりました。ただ一方で、怠惰な教職員が未だに多いのもゆゆしき問題です。学校に対して正当な要望を出す真面目な保護者に対して、クレーマーやモンスターペアレントといったレッテルを貼って、責任逃れをする教師がいるのは危険な事です。

クレームに対応する方法

学校には様々なクレームが舞い込んできます。それにきちんと対応してこその教師です。学校にクレームをしてくる人はどうして時間を割いてまで電話してくるのでしょうか。そのほとんどは自分の不満を誰でもいいから人にきいてほしいからです。要するにストレスを発散したいだけです。自分の不満をぶつけることができる一番手っ取り早い方法が教師に文句の電話を入れることです。したがって対応の仕方はもう1つしかありません。ひたすら聞き手にまわり、相手の意見に同調することです。人は自分に共感してくれる人に好感を持ちます。相手は別に文句に対する対策をうってほしいわけではないので、自分の意見を言えば気が済みます。しかし一番ベストな対応とはなにか。親と教師が子ども最優先し意見を尊重し合う事が必要なのではないでしょうか。

↑PAGE TOP