学校側の判断材料とは

学校とクラス編成の秘密

学校が考える意外なクラス編成

小中学校で学年が上がる際に行われる一大イベントといえば、クラス編成。高校に行くと文系理系で分かれたりしますが、義務教育の間、先生たちはどんなことを考えてクラス編成を決めるのでしょうか?編成を決める条件は色々ありますし学校によっても先生によっても違いますが、意外なのは「仲の良い子はできるだけ別にする」ということです。友達どうし同じクラスにまとめた方が授業や指導もやりやすいでしょうが、先生は生徒たちの将来を考え、「色んな人とコミュニケーションが取れるように」と、仲が良いとわかっている生徒は別のクラスにすることが多いのです。生徒の側に立って考えると、学年が上がる前に「誰々と同じクラスにして」と先生にお願いするのは逆効果ということですね。

クラス編成の謎と正体

学校のクラス編成とは、学生達をドキドキワクワクハラハラさせてくれるものです。「ショック!仲良しのあの子と別れた」「やったー!また私たち同じクラス!」など様々な感想が出ることでしょう。このクラス分け、クラスにはピアノを弾ける子が必ず一人配置されてるという場合が多くはないでしょうか。合唱コンクールなどで伴奏が出来る子がいないと困るからでしょう。ピアノに限らず、成績、家庭環境、運動能力など、割とバランス良くクラスに配置されているなあという印象があります。学校のクラス編成は、学生たちにとってはまるでクジを引くかのようなイベントですが、先生達による綿密な話し合いにより決められているのでしょう。

↑PAGE TOP